JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


循環器内科

ご案内

当院循環器内科では循環器専門医5名が在籍し、下記疾患への治療を行っております。


疾患としては、1)急性心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、2)心不全、3)不整脈、4)心臓弁膜症、5)先天性心疾患、6)(肥大型および拡張型)心筋症、7)大動脈瘤、8)(下肢などの)末梢動脈疾患、9)肺塞栓、下肢静脈血栓症、そしてこれら多くの心臓血管病の元になる生活習慣病である高血圧、脂質異常症などの患者さんの治療を担当しています。

虚血性心疾患、特に急性心筋梗塞に関しては秋田市北部、男鹿南秋地区で唯一の心臓救急医療機関であります。日本心血管インターベンション学会の研修関連施設に認定されていて、カテーテル治療専門医1名・カテーテル治療認定医1名が在籍しております。また外来では虚血性心疾患診断にCT検査を行うことも可能で、迅速な診断に努めています。

心臓リハビリテーションを積極的に取り入れており、心臓リハビリテーション認定医1名、心臓リハビリテーション指導士6名が在籍。入院中の急性期から外来通院を含めた慢性期リハビリまでを一貫して担当できるシステムを完備しています。

不整脈に関しては洞不全症候群、房室ブロックなどの徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療を行っています。

学会施設認定

日本循環器学会認定 循環器研修施設
日本心血管インターベンション学会研修関連施設

特殊な検査・専門的な検査

• 心臓カテーテル検査(冠動脈造影、下肢動脈造影などの血管造影を含む)
• 心臓超音波検査(心エコー検査)
• 心肺運動負荷試験
• 長時間記録心電図
• 心臓電気生理学検査(ヒス束心電図)
• 心臓核医学検査(心筋シンチグラフィー)
• X線コンピュター断層撮影(CT)、核磁気共鳴(MR)コンピュター断層撮影

専門的な治療

• 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対するカテーテル治療
• 下肢の末梢動脈疾患を中心にした末梢血管のカテーテル治療
• 徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術
• 深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルター留置術
• 重症心不全、ショック例に対する補助循環療法(大動脈バルーンパンピングなど)
• 心臓リハビリテーション(入院および通院)

専門外来

  • ペースメーカー外来 (毎週木曜日 午前10から、予約制)
  • 心臓外科術後外来 (毎週金曜日 午後2時から)

主な診療実績(2015年)

冠動脈造影250例
冠動脈カテーテル治療137例
末梢血管カテーテル治療19例
ペースメーカー植え込み術35例
ジェネレーター交換術19例
心筋シンチグラフィー40例
心臓超音波検査2714例
冠動脈CT検査125例
心臓リハビリテーション189例  (心肺運動負荷試験 93例)
【疾患別症例数】
急性心筋梗塞 急性冠症候群55例
心不全112例
狭心症8例
下肢末梢動脈疾患7例
開心術6例
大血管1例
このページの先頭に戻る