JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


血液内科

概要 / 医師紹介

概要

対象疾患は広く内科全般にわたりますが、中でも血液疾患、内分泌疾患、代謝性疾患、アレルギー性疾患、膠原病~膠原病類縁疾患、感染症などが主なものと言えます。

病棟内には無菌室が整備されており、急性~慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、 血小板減少性紫斑病などの難治性血液疾患患者の診療にあたっています。

血液疾患患者の治療のための県内の医療機関の一つとして、その期待は大きいものがあります。

また感染病床は2床あり、赤痢など入院を要する患者の治療にあたっています。

造血器腫瘍の診療について

概要

造血器腫瘍には、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液疾患があり、当院では、2名の日本血液学会の血液専門医・指導医が中心となり、診療に携わり、当院は日本血液学会の研修施設に認定されている。

当科における造血器腫瘍の治療は、Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG)およびJapan Clinical Oncology Group (JCOG)の治療プロトコールなどに準じ施行している。

また、当科には、無菌室が2室あり、急性白血病の寛解導入療法時に使用するとともに、造血幹細胞移植も施行可能である。 造血器腫瘍の臨床研究については、2名の血液専門医・指導医の出身医局である秋田大学第三内科の指導の下、行われている。 現在、進行中の臨床研究は以下の通りである。

  • B細胞性非ホジキンリンパ腫に対するrituximabによるin vivo purging併用自己末梢血幹細胞移植の有効性に関する臨床研究 (マントル細胞リンパ腫、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫)
  • 高齢者血液腫瘍研究会 悪性リンパ腫研究
    その他の臨床研究についても倫理委員会承認後施行可能であり、順次ホームページで公開予定である。
造血器腫瘍の診療の実際

平成12年の新病院開院以来、現在まで、急性白血病27例、悪性リンパ腫75例、多発性骨髄腫24例、慢性骨髄性白血病8例などの診療を行ってきた。年次ごとの主な疾患の推移は表に示す。

主な疾患の診療内容
急性白血病
当院初診の急性骨髄性白血病(急性前骨髄性白血病を除く)6例は、JALSG AML97プロトコールに従い、 化学療法を施行し、4例が、完全寛解を維持している。残りの2例は、再発後に造血幹細胞移植を施行し、 2例は完全寛解となっている。(秋田大学第三内科、虎ノ門病院に依頼)
急性前骨髄性白血病3例については、AIDAプロトコールで2例が完全寛解を維持している。 残りの1例はJALSG APL97プロトコールで寛解後休薬1年後再発、再寛解導入後、自家末梢血細胞移植を施行し、 完全寛解を維持している。(秋田大学第三内科に依頼)
また、当院初診の急性リンパ性白血病6例のうち4例は、3例はJALSG ALL97プロトコールに、 1例はJALSG ALL202プロトコールに従い、化学療法を施行し、完全寛解を維持している。 残りの2例は、フィラデルフィア陽性急性リンパ性白血病で再発しているが、 1例は再発後に造血幹細胞移植を施行している。(秋田大学第三内科に依頼)
悪性リンパ腫
当院初診のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫のうち平成15年以降にR-CHOPおよびR-THP-COP療法を 施行した9例のうち8例は完全寛解となり、7例は無病生存中である。
また、当院初診の濾胞性リンパ腫については、R-CHOPおよびR-THP-COP療法を施行した8例のうち7例は完全寛解となっている。 また、病期早期の5例については、rituximab単剤投与を行い、完全寛解を維持している。 MALTリンパ腫の4例(節性1例、胃を除く節外性3例)はrituximab単剤投与により完全寛解となっている。
慢性骨髄性白血病
慢性骨髄性白血病8例のうち5例にimatinib(グリベック)投与中で、1例は細胞遺伝学的寛解が得られている。 また、2例はinterferon-αで、細胞遺伝学的寛解が得られている。
  平成12年 平成13年 平成14年 平成15年 平成16年 平成17年 平成18年   計  
急性白血病 3 4 2 1 6 7 4 27
急性骨髄性白血病 3 3 2 1 4 4 4 21
急性リンパ性白血病 0 1 0 0 2 3 0 6
悪性リンパ腫 7 11 9 12 16 9 10 75
濾胞性リンパ腫 1 1 1 4 4 3 3 17
びまん性大細胞型リンパ腫 3 8 5 6 5 4 4 35
マントル細胞リンパ腫 0 0 1 0 1 0 4 35
MALTリンパ腫 0 0 0 0 4 1 0 5
ホジキンリンパ腫 0 0 1 0 1 0 0 2
末梢性T細胞性リンパ腫 1 0 0 1 0 0 0 2
 血管免疫芽球性T細胞リンパ腫 1 0 0 0 0 0 1 2
NKリンパ腫 0 1 1 1 0 0 0 3
皮膚T細胞リンパ腫 1 1 0 0 1 0 0 3
成人T細胞リンパ腫 0 0 0 0 0 1 0 1
多発性骨髄腫 4 3 7 3 2 4 1 24
慢性骨髄性白血病 2 1 1 1 1 1 1 8

関節リウマチの治療について

これまで治療抵抗性の慢性関節リウマチ患者5例に対して当科でもレミケード投与を行っています。
投与開始の早期に関節痛、こわばりの軽減、炎症反応の低下とともにADL(日常生活の活動性)の著明な改善みられています。

整形外科での症例はこちら

このページの先頭に戻る