JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


整形外科

概要 / 高度先進医療 / 手術件数 / 医師紹介

概要

上肢・下肢、脊椎の外傷や生活習慣病的な運動器疾患(背骨、上肢・下肢の関節)の治療が対象。 脊髄腫瘍の顕微鏡手術、脊椎腫瘍の根治的全摘出術、脊柱変形の矯正、人工関節置換、スポーツ外傷による靱帯損傷の再建、骨軟骨移植など高度の先進的外科治療から、 骨折・脱臼・捻挫、手足の外傷、腰痛、生活習慣病的な肩こり、手足の痛み・しびれ、関節リウマチ、 骨粗鬆症、スポーツ障害など、日常良く遭遇する疾患にいたるまで、高度の専門的な治療を行っています。 7人の整形外科専門医がおり、得意分野は脊椎脊髄(5人)、人工関節(5人)、スポーツ障害(2人)、関節リウマチ(2人)、骨粗鬆症(1人)です。

学会施設認定

日本整形外科学会認定研修施設、日本脊椎・脊髄病学会認定クリニカルフェロー研修施設

特殊医療器械など

無菌手術室(バイオクリーンルーム) 無菌手術室
(バイオクリーンルーム)
  • 無菌手術室(バイオクリーンルーム)
  • 水中リハビリテーション
  • 脊椎手術用顕微鏡
  • 脊椎内視鏡手術システム
  • 術中回収式自己血輸血システム
  • 関節鏡手術システム
  • MRI(2台)
  • 三次元CT検査
  • 術中脊髄モニターリング
  • 骨シンチグラム
  • 脊椎・大腿骨骨密度測定器(DXA)
  • 整形外科超音波診断

阿部栄二名誉院長がベストドクターズに再選出されました

Best Doctors in Japan 2018-2019

 阿部栄二名誉院長が“The Best Doctors in Japan 2018-2019”に再選出されました(初回選出2016-2017)。
 Best Doctorsの医師は、米国に本拠を置くベストドクターズ社により1991年から開始され現在各国で実施している医師同士による相互評価調査(ピアレビュー調査)によって選出されています。
 この調査は、前回の調査でBest Doctorsに選出された医師に、自らの専門分野や関連分野において「あなた自身またはあなたの大切な人が特定の専門分野の医師を必要とした場合、誰を選びますか」という質問をする形で進められるものです。この集計の結果多くの医師から支持を受けた医師が、その年度のBest Doctorsとなります。
 日本でベストドクターズの医師として認定されている医師(Best Doctors in Japan)は約6,500名です。 (2018年5月現在)

Doctor of Doctors Network 2017-2020

 阿部栄二名誉院長が、T-PECから、医師の評価によって選ばれる “ Doctor of Doctors Network優秀専門臨床医2017-2020 ” に選出されました。 優秀専門臨床医とは、患者からも医師からも信頼がおける高いレベルの専門性を有した現役の臨床医で、ドクターオブドクターズネットワーク評議員会において全会一致のもと選考された医師が認定されます。

このページの先頭に戻る