JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


栄養科

概要

食事は治療の一環として非常に重要です。私達は医師の指示に基づき献立を作成し病状に応じた栄養量を提供する事と、食事療法を必要とする患者様に指導を行うことを仕事としています。

栄養科スタッフ

私達が患者さんの食事を作っております。
患者さんが喜んで食べて下さることが私達の喜びでもあります。

適時適温給食

当院では昭和60年より適時適温給食を開始しました。あたたかい食事を提供するよう保温食器を使用するとともにタイムスケジュールをもとに、調理作業をしております。

配膳時間は、朝食7時30分・昼食12時・夕食18時です。各階には患者さん用食堂があり、南に鳥海山、西にセリオンを望むことが出来、快適な雰囲気で食事を楽しむことが出来ます。 患者さん専用食堂

選択メニュー

昭和61年より選択メニューを開始しております。対象は一般食の方です。実施日は水木金の昼食と夕食ですが、2種類の献立から好きな方を選ぶことができます。

献立例を紹介します。

給食の例1 給食の例2
給食の例3 給食の例4

祝膳

病院で誕生日を迎えなければいけない方のために祝善を提供しております。その日のメニューに一品プラスしメッセージカードを添えます。

出産祝いは、お赤飯と祝膳料理にメッセージカードを添えます。

栄養指導

入院、外来患者さんに予約制で指導しており4人の管理栄養士が指導に当たっております。指導は月曜日から金曜日の午前中です。離乳食指導は毎週金曜日の午後健診後、当日希望した方に月齢に合わせた指導を行っております。指導ご希望の方は主治医にお申し出下さい。

このページの先頭に戻る