JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


接遇教育委員会

 秋田厚生医療センターは平成26年から接遇にも力をいれています。
 接遇教育委員会を立ち上げ、啓蒙活動やあいさつ運動等 日々活動をおこなっています。
 このたびホームページを作成し、活動内容を皆様にご紹介することにいたしました。
 是非、私たちの心構え 奮闘ぶりをご覧下さい。 (文責 麻酔科 岩崎洋一)

Vol.28

 先日行われた入職20年目を対象とした接遇カフェについてご報告したいと思います。

 今回、私:岩崎 は接遇委員としてではなく入職20年目の参加者として出席いたしました。
このホームページ Vol20でも紹介しましたが、原点にかえり「あいさつすることによる効果」について話し合いました。


職種を超えてグループを作り話し合い大きな用紙にまとめて白板に貼って発表しました。

発表された意見は
・不審者予防につながる
・病院のイメージがソフトになる
・相手とのコミュニケーションがとりやすくなる
・仲間の結束力が増加する
・他病棟との連絡がスムーズになる
・他職種の人との連携が よりうまくいく
・先輩/後輩の壁を越えて物事が円滑に進む
などの意見が出されました。なかには
・あいさつすることで他部署・他職種の人と顔見知りになり忘年会や納涼会などのイベントで飲み物をつぎに行きやすくなったりついでもらいやすくなる。
という奇妙な意見も出ました(岩崎という参加者の意見です)。

今回の出席者の感想です
・あいさつでお互い気持ちよく仕事をしよう
・充実した時間をすごせてよかったです
・たまに他職種が集まって話し合うのはとても有意義でした
・このようなカフェで顔見知りになる人が増えることは有意義で、明日からスムーズに働ける
あいさつについて話し合い、接遇を深めることも大事ですが、他職種が顔を合わせてなにかをする:というこのカフェの存在自体も有意義なものであると実感した会でした。

バックナンバー

Vol.1 Vol.2 Vol.3  Vol.4 Vol.5 Vol.6  Vol.7 Vol.8 Vol.9  Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13  Vol.14 Vol.15 Vol.16  Vol.17 Vol.18 Vol.19  Vol.20
Vol.21 Vol.22 Vol.23  Vol.24 Vol.25 Vol.26  Vol.27 Vol.28

このページの先頭に戻る