• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

ダブルライセンスで働く看護師

当院のダブルライセンスで働く看護師の紹介です。

Doublelisence nurse

ダブルライセンスとは

資格を複数あわせ持つことを「ダブルライセンス」と言います。
看護師がダブルライセンスを持って働くメリットとして、専門性を強化したり、活動範囲を広げたりする効果があります。何よりも患者様をより良く理解するスキルにつながります。
当院では心臓リハビリテーション指導士、日本糖尿病療養指導士、リンパ浮腫療法士など「ダブルライセンス」で活躍する看護師がたくさんおります。
今回は、看護師で心臓リハビリテーションとして活躍する熊谷さんを紹介します。

心臓リハビリテーション指導士 (熊谷 洋子)

【アピールポイント】

 心臓リハビリテーション(心臓リハビリ)指導士は、心臓リハビリ学会認定の資格です。医師、看護師、理学療法士などの資格を有し、1年以上心臓リハビリ指導の実施経験が必要です。
 運動療法を主体とする包括的心臓リハビリ(運動指導、生活指導、服薬指導、栄養指導など)を、医師、病棟看護師、理学療法士、作業療法士など多職種と協働しながら支援しています。
 対象疾患は、虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症)、心不全、大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症、開心術後の患者さんになります。

【活動内容】

 入院中は、心筋梗塞であれば発症翌日、心不全であれば病状安定後からの開始となります。個人の心肺機能に応じた運動指導や日常生活指導を行います。退院後は週1回通院して、運動療法を行っていただきます。心臓リハビリ指導士が体調を確認し、社会復帰後の日常生活状況の確認や不安へのアドバイスも行います。
退院後も継続して関わることで、病気と上手く付き合いながら、QOL向上と再発予防に向けたサポートをしています。