• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

教育システム

当院看護部の教育システムについて掲載しています。

Learning system

このページの目次

継続教育

継続教育は、キャリアパスに基づき看護師個々のライフサイクルに応じ自発性を重視し、臨床実践能力(知識・技術・態度)の育成を支援しています。

教育方針

看護職員の臨床実践能力について段階的に示し、到達段階に応じ評価し、個々の看護職員に必要な能力を開発を支援します。
また、自身のキャリアデザインがイメージできるよう支援します。

教育目的

  1. 「人間愛に基づいた患者中心の看護」「誇りと責任を持ち患者に寄り添う看護」を実践できる看護職の育成
  2. 看護専門職として成長し、自己実現できる自律した看護職の育成

教育目標

  1. 臨床実践能力・職務遂行能力を評価し動機づけと教育的サポートの基準とする
  2. 個々の看護職員がライフサイクルに合わせて自己目標を設定し、キャリア開発に役立てる
  3. 自立した専門職意識の高い看護職の育成を目指す
  4. 個々の看護職員の仕事の満足度を高める
  5. 自分の強みを活かし成果責任を持つ看護職を育成する

5段階の到達レベル

※広い視野をもち、知識・技術・態度を統合し身に付ける

  • 新人:社会人 専門職業人としての自覚を持ち、指導を受けながら行動できる
  • Ⅰレベル:職場で助言を受けながら看護実践できる
  • Ⅱレベル:患者個々に応じて看護実践できる(一人前)
  • Ⅲレベル:実践の役割モデルとなり組織的に役割遂行できる(中堅)
  • Ⅳレベル:卓越した看護を実践し組織運営において広範囲に役割遂行できる(達人)

キャリアパス

※クリックするとPDFファイルが開きます。

看護部継続教育プログラム

キャリア開発プログラム

教育計画

  • クリニカルラダー
  • 教育理念:人間愛に基づき、患者個々に応じた安全で良質な看護を主体的に提供する
  • 教育目的:「人間愛に基づいた患者中心の看護」「誇りと責任を持ち患者に寄り添う看護」を実践できる看護職員の育成看護専門職として自己実現できる自律した看護職員の育成

※クリックするとPDFファイルが開きます。

キャリアコース(終了後e-ラーニングあり)

  • 災害看護(3回シリーズ)
  • がん看護(4回シリーズ)

トピックス研修

  • 看護部長講話(看護部組織としてあるべき姿)
  • 節目研修(10,20,30年の節目に合わせ自己の看護観を語る)
  • 看護必要度(看護必要度を正しく評価するために)
  • 基礎から学ぶがん看護 8回コース
  • 看護介助の達人(ポジショニングと食事介助)

新人看護職員研修

年間教育研修プログラム(新人)

4月 入職時オリエンテーション研修
 急変時の対応・ポンプの操作・採血点滴・吸引・口腔ケアなどの技術演習
 先輩看護師との語らいの時間
5月 輸血・看護記録・看護必要度
2カ月の振り返り
6月 心電図の基礎・人工呼吸器管理
夜勤業務について
8月 褥瘡評価・緩和ケア・化学療法
5か月の振り返り
9月 フィジカルアセスメント
10月 シミュレーション研修(1回目)
11月 リフレッシュ研修
12月 院内留学
2月 シミュレーション研修(2回目)
3月 成果発表会(1年間を振り返って)

研修風景を少しご紹介します

4月:新人看護職員オリエンテーション研修

シミュレーターを使用して採血や点滴の練習をします。
急変時の対応やポンプの操作など技術演習を多く取り入れています。
先輩看護師との語らいの時間も設けています。

9月:フィジカルアセスメント研修

講義を受けた後で呼吸音の聴取などをしました。

10月:シミュレーション研修(1回目)

食事を摂っていて窒息した患者さんの対応をみんなで学びました。

11月:リフレッシュ研修

みんなで「にぎわい交流館Au」で「ヨガ体験」をしました。