• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

薬剤科

当院での業務について紹介します。

Pharmacy

調剤業務

当院は約95%院外に処方箋を出しています。そのため入院患者さんの処方を中心に調剤業務を行っています。
医薬品の用法や用量、相互作用、腎機能や肝機能など処方内容の妥当性を確認して調剤を行っています。
また、薬剤取り違い防止のため、バーコードを用いた監査システムを導入しています。

製剤業務

院内特殊製剤(市販されていない薬や当院独自の製剤)の調製などを行っています。
医療を行う上で医薬品医療機器等法(旧薬事法)で承認・販売されている医薬品だけでは、多様な疾病、病態をもつ患者さんに最適な薬物療法を実施できないことがあります。
そのような場合に、薬剤師の専門性を活かし、薬学的・物理化学的な知識や技術を用いて行う重要な業務の一つとして院内製剤業務があります。

高カロリー輸液調製業務(無菌室①)

食事を摂ることが出来ない患者さんに対しては高カロリー輸液が必要になることがあります。
無菌的な操作で作ることが要求されますので、無菌室の中にクリーンベンチを備え、高い衛生状態を保ちながら調製しています。そのほかにも無菌操作が必要な点眼剤なども調製しています。

抗悪性腫瘍剤調製業務(無菌室②)

医師が処方した抗悪性腫瘍剤に対し、薬の専門家として投与量や組み合わせが正しいかどうか、休薬期間が妥当かなど、患者さんに安全で効果的な治療が行えるようサポートしています。
無菌室の中に安全キャビネットを備えており、院内の全ての抗悪性腫瘍剤の調製を行っています。
ダブルチェックを行う薬剤師も配置し、正確性も担保しています。
さらに、混注監査システムも導入し安全にな調製を行っています。

医薬品情報(DI)

患者さんに医薬品を有効にかつ安全に使用していただくために、医師、薬剤師、看護師、その他の医療従事者に対し最新の情報を提供しています。
また医薬品に関する重要な情報を院内に伝達する業務も行っています。

注射薬管理業務と個人セット

入院患者さん全員の注射薬を各病棟担当の薬剤師が毎日電子カルテで確認しています。
投与量、投与経路、投与速度の確認と共に、2種類以上の注射薬の組み合わせで相互作用がないかなど、薬学的・科学的な見地から処方内容を細部にわたりチェックしています。
確認後、薬を払い出し注射薬カートに個人セットを行っています。

薬の相談室

外来の患者さんに薬の飲み方や使い方を説明するところです。
薬について疑問がありましたらお気軽に薬局カウンターまでお越しください。

病棟業務

薬剤管理指導業務

各病棟に担当薬剤師を配置し、医師、看護師、その他メディカルスタッフとコミュニケーションを取りながら、適切な薬の選択・使用方法等の問い合わせに対応し、医療チームの一員として活動しています。
またベットサイドで患者さんやご家族に薬物療法についてわかりやすく説明を行い、少しでも安心して治療に臨んでいただけるように心がけるとともに、入院中の薬物治療の有効性の向上と副作用の早期発見にも努めています。

持参薬鑑別業務

患者さんが持参した薬について、当院の薬の他に他院の薬も含めて確認をし、持参薬鑑別表を作成しています。
お薬手帳や紹介状を参考に持参薬との照合、服薬状況の把握などを行い、医師・看護師に情報を提供しています。

医薬品管理業務

病棟に配備された薬剤の保管管理及び品質管理を行っています。
また病棟における医薬品の在庫は 事故防止や品質確保を考慮し、定数管理も行っています。

医薬品管理

医薬品の在庫管理、品質管理、及び安全管理に努めています。
薬品を常に最適な状態で管理するために、室温保存・冷蔵庫保存などに区分され、それぞれの医薬品が最も望ましい環境で保管されています。
また法律で規制されている特殊な医薬品は、鍵のかかる場所や金庫などに厳重に保管され、毎日在庫管理を行っています。

チーム医療

下記のようなチームに所属し、複数の医療専門職と連携して治療やケアに貢献しています。

  • 栄養サポートチーム
  • 緩和ケアチーム
  • 糖尿病透析予防指導チーム
  • 感染対策チーム(ICT)
  • 抗菌薬適正使用支援チーム(AST)など

トレーシングレポートの受付について

抗がん剤の副作用、服薬状況などの情報がありましたら、トレーシングレポートに記載し、下記へFAXで送信してください。

【対象】緊急性がない次回の診察への情報提供
  • 1 抗がん剤治療の副作用Grade2以上の症状
  • 2 抗がん剤の服薬状況、残薬調整など、患者さんに関する病院側への情報提供

※疑義照会は診療科へお問い合わせください

※抗がん剤以外のトレーシングレポートについても随時受付いたします。
 様式は問いませんので下記受付へお願い致します。

トレーシングレポート用紙(化学療法)
トレーシングレポートの受付
FAX)018-880-3042

当院採用レジメン

地域の医療機関及び保険薬局との連携体制を強化する目的で、当院の外来化学療法で使用しているレジメン(抗がん剤の治療法)を開示します。

●医療機関、保険薬局の方へ

レジメンに関する照会窓口     薬剤科TEL:018-880-3004
患者さんの状況に関する問合せ窓口 化学療法室:018-880-3000(病院代表)