• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

泌尿器科

当院の泌尿器科の概要です。

Urology

概要

 泌尿器科は、尿路(腎、尿管、膀胱、尿道)、生殖器(精巣、前立腺等)、副腎を扱う診療科です。当院ではこれらの臓器に発症する疾患に対し、診断から治療まで行っております。
また、腹圧性尿失禁や骨盤臓器脱といった女性泌尿器科分野の診断、治療も行っております。

疾患別診療内容

  1. 前立腺癌
    近年増加傾向にある疾患で、検診や人間ドックでのPSA検査が重要です。PSA値が高値の場合は、前立腺癌が疑われますので、当院へご相談下さい。PSA値が高値であっても必ずしも前立腺癌とは限りませんので、当院ではまず、超音波検査、直腸診、MRI等を行い、前立腺癌の疑いがより濃厚な場合には、精密検査(前立腺生検)を1泊2日で行っております。癌と診断された際には、癌の進行度や患者様の状態・希望に応じ手術、放射線療法、薬物療法(主にホルモン療法)の中から最適な治療を提供致します。
  2. 膀胱癌
    痛み等を伴わない血尿(無徴候性血尿)で見つかる事が多い疾患です。
    早期のものに対しては、内視鏡を用いた手術(TUR-Bt)、膀胱内注入療法を行い、可能な限り膀胱温存に努めております。また、膀胱を摘出しなければならない場合でも、可能な限り体に尿の袋を装着しなくてもよい尿路変更(腸管を利用し新しい膀胱を作ります)を行っております。
  3. 腎癌
    原則として手術で治療を行います。当院では可能な限り腹腔鏡を用いた手術を行っております。腹腔鏡手術は開腹手術に比べ、低侵襲であり、術後の回復も早く早期に退院できるのが特徴です。
    また、手術で全ての病巣を摘除できない場合や、手術を受ける事ができない場合は、分子標的薬、免疫療法を行います。
  4. 腎盂・尿管癌
    腎尿管全摘術が第一選択です。当院では可能な限り腹腔鏡を用いた手術を行っております。
    また、転移のある方や、手術前後に補助療法が必要な方には化学療法も行っております。
  5. 尿路結石
    小さな結石の場合は自然排石が期待できますが、大きな結石の場合手術が必要になる事があります。当院では、最新の軟性尿管鏡やレーザーを完備しており、上部尿管や腎盂内の結石へも対応可能です。
  6. 骨盤臓器脱
    出産や加齢により骨盤内の支持組織が弱くなり、骨盤にある臓器(膀胱、子宮、直腸など)が下がってきて、膣から外へ出てくる病態です。当院ではこのような方に対し、メッシュを用いた手術を行っております(TVM手術)。従来の手術よりも合併症が少なく、再発も少ないのが特徴です。
  7. 腹圧性尿失禁
    重い物を持ったり、くしゃみをした時に起こる尿失禁です。尿道後面にメッシュ状のテープを留置してくる手術を行っております(TOT手術)。
  8. 前立腺肥大症
    ほとんどの場合は内服治療で症状が改善しますが、内服治療で改善がない場合は、内視鏡を用いた手術も行っております。
  9. 過活動膀胱
    急に起こる我慢出来ないような強い尿意(尿意切迫感)を主症状とする症候群です。トイレが近くなったり(頻尿)、就寝後何回もトイレに起きたり(夜間頻尿)、強い尿意によりトイレにたどりつくまでに我慢が出来ずに尿が漏れる(切迫性尿失禁)などの症状を伴います。薬により改善することがほとんどですので、このような症状がある方は是非当院へご相談下さい。

以上にあげた疾患以外についても当院では外来診療、手術を含めた治療を行っておりますので、何か心配のある方はご相談ください。

主な手術件数(過去5年間)

平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31年
体腔鏡下副腎摘出術 1 1 0 2 0
体腔鏡下腎摘出術(腎尿管全摘を含む) 13 6 7 4 8
根治的腎摘出術(腎尿管全摘術を含む) 0 1 7 0 0
膀胱全摘 2 5 5 2 1
経尿道的膀胱腫瘍切除術 63 83 88 85 80
根治的前立腺全摘術 23 14 17 23 7
経尿道的尿管結石砕石術(TUL) 6 9 6 7 12
経尿道的膀胱結石砕石術 5 3 4 4 11
TVM、TOT 5 17 7 6 6

医師紹介

氏名 岡根 克己(おかね かつみ)
役職 診療部長
卒年 出身大学 1995年 秋田大学
保有資格 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
氏名 本間 直子(ほんま なおこ)
役職 科長
卒年 出身大学 2006年 秋田大学
保有資格 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
氏名 提箸 隆一郎(さげはし りゅういちろう)
役職 医員
卒年 出身大学 2013年 秋田大学
保有資格 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医